テレビ業界の仕事とは

  • テレビ業界の仕事とは
  • 企業の皆さまへ

レスポンス株式会社

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町39-2
渋谷カプリビル 4F

TEL:03-6455-1515

  • Welt
  • Ride

テレビ業界のお仕事といっても、いろいろな職種があります。

スタジオで撮影したり外でロケなどをして沢山の映像撮影や収録で撮った映像を使ってテレビ番組等を作ったり。

他に映像加工したりテロップを入れて視聴者に見やすくわかりやすくしたり。
編集で出来上がった映像にナレーションや効果音を足したりして視聴者に聞こえやすくするために音の調整もします。

1つの番組を作るのにプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター(AD)、エディター(編集)EED、編集アシスタント、デスクなど 他にも多くのスタッフが携わり番組を作ります。

プロデューサー(P)

プロデューサーの仕事とは

企画立案、スポンサーの交渉、出演者の手配、予算の管理、番組スタッフの決定など、番組全体を統括するのが仕事です。制作現場の指揮官であるディレクターと違って、プロデューサーは、スポンサーや出演者の交渉や打ち合わせなど、番組制作だけでなく、営業的な仕事もこなさなければなりません。

ディレクターや編集マンが編集し、プロデューサーが最終チェックを行い、「OK」を出して初めて、放送されます。番組の統括責任者なので、番組で問題が起きると、最終的な責任を取ることになります。

アシスタントプロデューサー(AP)

アシスタント プロデューサーの仕事とは

プロデューサーをアシストする補佐役です。APと呼ばれています。番組のスケジュール管理、予算の管理、そして、出演者の交渉です。ディレクターやADをはじめ、番組の制作スタッフと関わることが多く、架け橋としての役割も担っています。欠かせない能力と言えば、交渉力とコミュニケーション力です。

番組をスムーズに制作するために欠かせない存在です。また実績を買われてプロデューサーに昇格する場合があり、番組プロデューサーを目指す場合には非常にチャンスの多い仕事といえます。制作現場を裏方としてサポートするという仕事柄、制作デスクを兼務する場合もあります。

ディレクター(D)

ディレクターの仕事とは

テレビ番組の企画立案、取材、ロケ、編集など、テレビ番組の制作全般に渡ります。テレビ局によっては自分が制作した番組の演出を担当することも仕事です。
幅広い業務をこなす訳ですが、どこまでの業務になるかはテレビ局の方針や番組の予算によって変わってきます。例えば、ディレクターが自分で編集を行う場合もあれば、ディレクターが横に座って、編集マンと相談しながら編集作業を進めたりします。

大切な事は、番組制作や番組進行がスムーズに行えるよう、しっかりと下準備をして、現場のスタッフに的確な指示を与えながら、制作者の狙いが伝わる番組を作ることです。

アシタントディレクター(AD)

アシスタントディレクターの仕事とは

ディレクターの演出をアシストする補佐役です。ADと呼ばれています。
取材や撮影の交渉、撮影機材や番組セットの手配など、番組制作がスムーズに進むように、演出の準備やサポートを行います。

一般的に一番下に見られがちなADですが、番組の出来を左右する大切なポジションです。テレビ番組制作に必要なノウハウを覚え、上司などに認められたあと、ディレクターに昇格するケースが一般的です。

編集

編集マン(オペレーター)の仕事とは

基本的には、ディレクターの指示に従って映像をカットしたり、テロップ(文字)を挿入したり、デジタルビデオエフェクト(特殊加工)を使い、編集機材(リニア編集、ノンリニア編集)を駆使して映像を編集していきます。客観的な立場から考え「番組の意図が伝わる編集になっているか」など作業を進める能力が求められます。

テレビ番組の内容によって(報道番組、ドキュメンタリー番組、バラエティー番組)など、スピードであったり、正確性であったり、テロップ(文字)を分かりやすく表現したりと内容により、クリエイティブな編集技術が求められます。

編集アシスタント

編集アシスタントの仕事とは

編集マンの編集をアシストする補佐役的な存在です。
最近は女性のスタッフも増えています。良くも悪くも男女の区別がないので、気力と体力は必要ですが男女問わず、努力(日々勉強)していれば一人前としてのデビューは早いでしょう。今アシスタントで一番重要とされている作業が、パソコンでのテロップ(文字)のレイアウトを構成したり挿入などです。慣れてくると正確性やスピードも求められます。拘束時間は番組によって違いますが、基本的に徹夜は当たり前の仕事です。

最初の頃はやらされている感しかないかもしれませんが、一人前になって作業が終わった時の満足感はなんともいえないものでしょう。

MA(ミキサー)

MA(ミキサー)の仕事とは

テレビで放送される前の映像は、まずディレクターや編集マンが編集を行い、現場(ロケ)の音しか入っていない状態で、ミキサーの所に来ます。ミキサーはその現場の音を視聴者に聞きやすくレベルなどの調整を行います。その後に必要な所に音楽を入れたり、テロップにSE(サウンドエフェクト)の効果を入れていきます。

順番はいろいろですがその後にナレーションを録り、テーマや状況を読み取りってもらい録音します。最後はテレビに放送できるように音声のバランスを調整します。音に関する責任者です。

カメラマン

カメラマンの仕事とは

テレビ番組のスタジオ収録やロケ現場でカメラを操作する技術スタッフです。
テレビ番組を演出するディレクターに的確な撮影のアドバイスを与え、番組が求める演出を表現できる映像カメラマンこそ、真のプロフェッショナルです。テレビ番組の良し悪しに直結するので、とても重要なポジションです。

あらゆる分野の知識が必要なので、常に勉強します。絶対に必要なのは、構図など、画に対する感覚を磨くことです。また、世界での仕事が求められるので、英語も必要になる場合があります。


Copyright (C) 2013 Response. All Rights Reserved.

pagetop